« 急性肺炎の話-2 余命3日からの生還 | トップページ | 末期のリウマチが治るまで-3 »

急性肺炎の話-3 余命3日からの生還



2009年06月06日


急性肺炎の話-3

余命3日からの生還



=======================



2009年5月13日 17:56:42


★奇跡です‏


「今日で、病院に行ったら、

何と酸素マスクが取れて自力で息ができていました。

救急車で運ばれた時、

先生に

「これだけひどい肺炎で直った患者は思い出せない」

と言われたのに・・・。

穂苅さんが力をかしてくれたお蔭です。

またぜひ家の方にも出かけて下さい。

よかったらSAさんもご一緒に。」




SAさんとは、よく手伝ってくれるかたで、この方の波動改善も手伝ってもらいました。

心がきれいで、純粋な方ですので、僕も信頼しています。




=======================




2009年5月14日 20:21:34


★Re: 母の容態‏


「昨日は電話いただきありがとう。

今日、病院で担当の先生のお話を聞いたのですが、

近日中に一般病棟に移れるそうです。

またこれで穂苅さんのパワーは証明されましたね。

穂苅先生と呼ぶにふさわしいです。

ほんとにすごい。」




よかったです。

まあ、穂苅先生は大げさですが・・・

結果がすべてです。




=======================




2009年5月19日 19:03:34


★Re: 母の容態‏


「今日仕事の帰りに病院に寄ったら一般病棟に移れていました。


ほんとにビックリです。

穂苅さんは母の命の恩人です。

ありがとうございます。


母の引越しで大忙しです。

オシャレだった母は洋服が大量にあって、

それもほとんど着てない物が多くて、

ちょっと素敵なの

穂苅さんの奥様にどうかと取ってあるんですけど、

失礼じゃなかったら差しあげたいのですが・・


また見て下さいね。」




近日中に退院されるという話を聞いていました。

それと、洋服ありがとうございました。

その後・・・・

ところが、6月5日に他の用事で、電話で話をしたら、

なんと、6月6日に退院されることになったということです。

ただ、高齢で、2ヶ月間寝たきりだったので、

別の施設に行って、これから歩く練習とか、

リハビリをするそうです。


あと、不思議なことに、

手の振るえがひどく、

コップもまともに持てなかったのですが、

その震えもほとんどなくなってしまったようです。

他にも、よい症状が出ているようです。

いずれにしましても、無事に生還できることになって本当によかったです。


奇跡は起こります。

また起こせます。


最終的には、その方の生きたいという気持ちと、

周囲の方の生きてほしいという気持ちが、

奇跡を起こすのではないでしょうか。


そこに、お医者様の治療があり、

たまたま僕の行っている波動改善が作用するといったことです。


看病する側に真心があれば、きっと奇跡はいつでも起こるでしょう。

希望は、最後まで持ち続けたいものですね。


|

« 急性肺炎の話-2 余命3日からの生還 | トップページ | 末期のリウマチが治るまで-3 »

病気-急性肺炎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545160/46017661

この記事へのトラックバック一覧です: 急性肺炎の話-3 余命3日からの生還:

« 急性肺炎の話-2 余命3日からの生還 | トップページ | 末期のリウマチが治るまで-3 »