« 末期のリウマチが治るまで-4 | トップページ | 触らぬ神に祟りなし »

末期のリウマチが治るまで-5

2009年02月11日


末期のリウマチが治るまで-5




11/12

またまた、一変してしまう。

タンが多少出たが、それよりも、痴呆症のようになってしまった。

よだれが、だらだら出てしまい、食事が出来なくなってしまう。
ゼリーやヨーグルトを口に入れても、のどに入らず、そのまま口から出てしまう。

施設の人に、ヘルプをしても誰も何もしてくれない。困った。

頭はしっかりしている様子だが・・・
血色が悪い。

急な変化に、何かあるな、と思い調べたら、部屋の入り口に、地縛霊が3体、まだお邪魔している。
どうやら、その影響をまともに受けたようだ。

またまた、浄霊を行い、そしてお父さんにも、引き続きエネルギーを入れることに。

ついでに、施設全体の波動改善も行う。

パンフレットにある間取り図から、そのフロア全体を見ると、いくつかのある特定の部屋にも、
その様な方々がいる事が判明。

後で聞いたら、その部屋は、みな重病人が入っている部屋だったそうだ。

「よく当たりますね。」と言われたが・・・


部屋の中は、SEカードを四隅に置いてあるので、それ以上は入って来られないようだが、
部屋から、食堂に行くときに、食堂でその影響をまともに受けてしまうようだ。

そこで、御守代わりというわけでもないが、
首にSEカードをかけて、食堂に行ってもらう事にした。




11/13

頭のぼやっとした感じがなくなった。
よだれも出なくなった。

スタッフの人からも、「ニコニコ顔でよくなったね。」と言われたそうだ。

数日前から足が伸びるイメージと、各関節が柔らかくなるイメージ、
軟骨が形成されるイメージをし、そのエネルギーを天から降ろすことにした。

リュウマチは、関節が曲がったまま、元に戻らなくなるので、それを元に戻すためのエネルギーを、
入れてみることにしました。

何事も、やってみないと分からないから・・・
この場合、良くなったら、儲けもんだというくらいの気持ちでやらないと、勤まらないが・・・


そうしたら、スタッフの人から、
「随分、足が伸びたね。」と言われたという。

また、傍から見て、太ったかな~、という声もあったようだ。

また、昨日の施設全体の波動改善をしたせいか?
スタッフの人の雰囲気が、昨日と全然違うといって、驚かれていた。


右手が震える。

グー、チョキ、パーをさせようとすると、震えるという。

そこで、頭部の右手の震えに関係のあるポイントを探し出し、エネルギーを入れるようにする。

左手は何ともないようだ。

自分で、マグカップを持てるようになり、水を飲んだという。
数ヶ月ぶりに、自分の手で、コップを持てた!


また、タンは多少出るようになった。

今度は、両わき腹が痛いという。
どうやら筋肉痛のようだ。

今度は、大腸、左腎臓、そして仙椎もマイナス反応がでている。
そこも痛みに影響している様子。

ただ、全体には体も、頭も波動が上がりだしてきているので、
良くなる兆候も見え出している感じがする。




11/14

まだ腰は痛い。

タンとセキはいくらか少なくなった。

右手の震えは、まだ止まらない。

右足は、まだかなり曲がっている。

以前の病院で、曲げられてしまったら、そのまま足が固まってしまったようだ。
しかし、それも少し良くなってきた。


左足は、かなり真っ直ぐに伸びてきたという。

わき腹は、まだ痛いという。

左腎臓はまた波動が戻ったが、大腸と、仙椎がまだマイナスのままだ。
腰椎の1番と5番もマイナスが出ている。


ちなみに、ホーム全体と今いる部屋の空間の波動を見たら、かなり良い数値を示している。
しばらくは、安心か。

|

« 末期のリウマチが治るまで-4 | トップページ | 触らぬ神に祟りなし »

病気-末期のリウマチが治るまで」カテゴリの記事

コメント

治るなんて、羨ましい。うちの父は、リウマチの合併症で、点滴のみで31キロに落ちました。市民病院て、病魔と戦ってますが(>_<)

投稿: 榊原正志 | 2013年4月23日 (火) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545160/46051674

この記事へのトラックバック一覧です: 末期のリウマチが治るまで-5:

» 痴呆症 回復の手立て [痴呆症 回復の手立て]
痴呆症に関する情報サイトです。 よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2009年8月31日 (月) 12時35分

« 末期のリウマチが治るまで-4 | トップページ | 触らぬ神に祟りなし »