« 末期のリュウマチの治し方-3 | トップページ | 11月16日品川セミナーの感想 »

猫の腫瘍を治してほしい

2008年11月24日


猫の腫瘍を治してほしい




この方は、SE研究所の代理店として活躍されている方です。

下記のようなメールを頂きましたので、
ご紹介したいと思います。



=======================


今日は、急に寒さが増しましたね。

11月7日のセミナーで少々お話いたしましたが、
猫の腫瘍を治してほしいと言う依頼があった話を
覚えていますでしょうか?


当初この方は猫ちゃんの口からの出血を確認し、
あわてて動物病院に連れて行ったそうです。

病院の先生が言うには、

「安楽死を考えて下さい」と言われ、
大変ショックを受けて帰宅したそうです。


家族の方々にも説明したところ、
全員が安楽死を選択したようですが、
諦めきれず私のところへ
相談に来ました。


相談者の方が言うには

「人の為に波動改善をしているKさんに笑われるかもしれませんが…
実は」

と、私に内容を説明して下さいました。

私としては命あるものに、なんら違いはないので、
喜んで引き受けたわけです。


実は現在、猫ちゃんの状況は動物病院の先生が言うには、

「ほぼ問題ないレベルにまで落ち着いた、
なぜか詳しくは解りませんが、
安心して頂いてよろしいでしょう」

との事だそうです。(笑)

この技術の素晴らしさが、
この方にも知っていただけた瞬間でしたね。

私は今年(まだ1か月ちょいありますが)
沢山の、波動改善による奇跡?を体験致しました。

穂苅先生、ありがとうございます。

今月42歳になった私は、
ようやく自分自身を見つける事が出来たような気がします。



ところで、新型振り子ですが私も購入したく連絡いたします。

まだまだ、確実に振り子による診断が難しい自分ですが、
使わせて頂きたいとおもいます。

よろしくお願いいたします。


=======================



という事でした。


素晴らしいです。

私も、過去に、高齢の癌のネコにエネルギーを送った事があります。

その時の記録です。

http://blog.livedoor.jp/hihokari/archives/8020404.html
http://blog.livedoor.jp/hihokari/archives/9335776.html


こちらに載っています。

通信講座の上級編まで、確実に受けられると、
そのような力が身につきます。

もちろん、ご本人の努力の賜物です。

他にも、代理店となっていただいた方は、
みな素晴らしい力を出しつつあります。

これはとても嬉しい事です。

多くの人が、この力に目覚め、世の中の為に貢献できるよう、
私も、この技術を広めていこうと、改めて思った次第です。

この方のこれからの、成長が楽しみです。



「振り子」とありますが、
新型の振り子を開発しました。

興味ある方は、是非ごらんください。

|

« 末期のリュウマチの治し方-3 | トップページ | 11月16日品川セミナーの感想 »

病気-ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545160/46052419

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の腫瘍を治してほしい:

« 末期のリュウマチの治し方-3 | トップページ | 11月16日品川セミナーの感想 »