« 醜形恐怖症のトラブルの原因は-6 | トップページ | 仕事が見つからないのは? »

夢に現れた不思議なおばあちゃん

2008年05月25日

少し前ですが、変な夢を見ました。

何でこんな夢を見たか、といっても分かりません。

でも、勉強になる夢でしたので、記憶のまま書いてみたいと思います。

知らないおばあちゃんが、目の前にいるのです。

(とはいっても、70歳までいっていない感じでしたから、

ぎりぎりおばさんかも知れません。)

なぜか、目の前は普通の分譲地のようなところです。

そのおばあちゃん曰く、

「家を建てるときは、もし土地を入れ替えるのならば、

地元の土を入れないと駄目だよ。

大地のエネルギーと、その地元の土地は、波動が合うんだよ。

違う土地の土だと、大地の波動と合わないんだよ。

波動をあわせないと、健康な土地にならないよ。」

というような事でした。

ふ~ん、と聞いていましたが、

結構説得力があり、心に残りました。

そして、しばらくして、場面が変わり・・・

気がつくと、何かの集まりの場所でした。

どうやら町内会の雰囲気です。

なぜか、自分だけよそ者という感じです。

なかなかその中に溶け込めません。

その時、夢の中で、先ほどのおばあさんの話を思い出したのです。

その土地に、風土に馴染むには、3年、4年と住み続けていないと、

その土地の波動、そして住んでいる人との波動と、自分の体、心が、

同化していかないのだろうな。

その土地風土に合った波動を持たない人=

よそから引越しして、まだ日が経っていなくて、
前住んでいた土地の波動をそのまま持っている人は、

馴染むまで、きっとよそ者といわれてしまうのだろうな~

と、夢の中で考えさせられました。

好かれるとか、あの人は良いとか悪いかというのではなく、

そういう以前に、その土地・風土と同じ波動を持たないと、
そこに馴染んだとはいえないのかも知れません。

住んでいれば、自然に心も、体もそうなっていくのでしょうが・・・

地元の人間となるには、それ相当の時間も掛かるわけです。

そして、目が覚めて、

変な夢を見たな、と思いつつ、その夢がずっと気になっていたら、

ふと、では、食べるものはどうだろう、と考えたとき、

地元で取れるものは、地元の大地の波動から、出来上がっているものだから、

その地元の波動を持っている人が、それを食べる事は、

同じ共鳴する波動を取り入れる事だから、

きっと、健康にも良いのだろうと思いました。

逆に、他の場所で取れたものは、この住んでいる大地の波動のものとは違うから、

きっと体にも、波動的には合わないだろう・・・。

そうすると、地元産が良いとされるのも、本当の事なんだろうな、と思いました。

すると、住まい環境は、

と考えた場合、地元の材木を使うのが良いとは言いますが、

住んでいる大地の波動と同じ波動のものが、室内からも出れば、

これまた住んでいる人の体とも、

きっと馴染むんだろうな、と思った次第です。

この場合、衣食住の全てを、地元というわけにもいきませんが、

出来るだけ、

住んでいる環境と近い条件のところで取れたものを、

食べるとか、

身に付ける、

住まいの要素に加えてみる、

等の工夫は大事かと思います。

これらは、意外と隠された健康を保つ秘訣かも知れません。

夢の中で言われた事は、結構大事な事を教えてもらったのかも?

知れませんね。

でも、あくまでも夢の中の話です。

|

« 醜形恐怖症のトラブルの原因は-6 | トップページ | 仕事が見つからないのは? »

体験談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢に現れた不思議なおばあちゃん:

« 醜形恐怖症のトラブルの原因は-6 | トップページ | 仕事が見つからないのは? »