« 実家での出来事 | トップページ | 癌の手術 »

振り子による直接治療

2006年02月06日

つい一昨日の土曜日の事。

いつも一緒に働いている大工さんが、その日は朝、町内で一斉清掃があるから、土曜は現場に到着するのが10時過ぎになるよ、という連絡は前日に受けていた。

来たのは11時くらい。

僕も顔を出したり、出て行ったりしていたが、3時のお茶のとき、

「実は朝から左足が痛くて、動かせないんだよ。あまりにも痛いから、今日は休もうかと思っていた。」

と言うのだ。

もう少し詳しく聞くと、実は昨年の秋から時々痛かったらしい。

医者に見てもらっていたが、治療についての明確な回答が返ってこなかったそうだ。

だから、半ばあきらめていたようだ。

そしてその日の朝、清掃の時は良かったのが、帰りお寺の墓地の前を通った辺りから、凄い激痛が走るようになったという。

とにかく膝から下が、カミソリで切り裂かれるような痛みだという。

膝は曲がらない、しゃがめない、そして痺れもあってトラックのクラッチも踏めなくて、運転も出来ないという。

(実際には、そうも言いながらも、ちゃんと運転してきた。)

「じゃあ、ちょっと治療しますか。」
と話してみる。

その大工さん、僕が怪しい事をやっている事はうすうす知っているようだったが、いつも、その世界については否定的だった。

だから、この世界の話は日常会話の中では出さないようにしていた。

だから嫌がらないか、ちょっと心配だったが、思い切って話してみたのだ。

そしたら意外にも、痛いとき、苦しいときの神頼みではないが、すんなりと受け入れてくれたので、早速始めることにした。

やる以上、絶対に効果を出さなくてはならない。
効果がなかったら、今後ますます疑われてしまうだろうから・・・

いつもなら、人体図の上から振り子を利用した波動療法?という形で行うが、今回は直接体の上から行うようにした。

やってみてわかったが、直接というのは、意外にやりにくいものだ。

この場合は、細かな要因を調べるというよりも、体の悪い気をどんどん抜いていくのだ。

短時間で即効性を出さなくてはならない。

左ひざ、頭頂部、後頭部を中心に、あと憑いているものが出て行ってもらうように心で、語りかける。

もちろん、体には指一本触れずに行うから、医療行為とは言えないだろう。

それらの場所に滞っている悪いエネルギーを何回も、繰り返し繰り返し、抜いていくのだ。

左ひざの上に振り子を垂らして、回転させると、その大工さん曰く、

「膝の血が動き出している。」
と言う。

何か不思議な感触がするらしい。

そして、今度は宇宙をイメージして、振り子の回転と共に、その患部にエネルギーが入っていくイメージをしていくのだ。

しばらくして、(30分くらいか)もういいかな、と思い、

「どうですか。」

と語りかけると、

「あれ?痛みがない。膝が曲げられる、しゃがめる。」

と普通に動き出したのだ。

まだ、多少は痛みはあるみたいだが、ほとんど気にならないようだ。

振り子の測定でも、右回り。

時間が経てば、残っている痛みも消えていくはずだ。

僕も半分冗談で、「超一流の技術だから、大丈夫ですよ。」と言う。

(痛みが消えたから言えるが、消えなかったら口が裂けても言えません)

それで、現場での作業再開。

しばらく僕は、1時間位現場から離れたが、戻ってきたら、その間、再び痛みが襲ってきたという。

それからまた収まって、今は少しだけ痛みが残っているが、動けるという。

「多分、これで大丈夫だから様子を見てくださいね。」

と言っておく。

後で、ぶり返すと困るから、念のため人体図に大工さんの名前を書いて、エネルギーカードを何枚か重ねておいて置くようにした。

そして、月曜日の朝、

その大工さん曰く、すっかり痛みが消えたそうだ。

その場で、痛みがないことを見せるのに、足腰を動かして見せてくれた。

良かった。

疑い深い人に直接行っても、十分に効果があるという事が分かった出来事だった。

|

« 実家での出来事 | トップページ | 癌の手術 »

病気」カテゴリの記事

コメント

拝見しました、「振り子で病気は治せます」と申します。
仲間がいて嬉しく思っています。
今後は、交流を深めましょう。

投稿: 山田政勝 | 2018年8月29日 (水) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545160/46099474

この記事へのトラックバック一覧です: 振り子による直接治療:

« 実家での出来事 | トップページ | 癌の手術 »