« 過去世物語 | トップページ | 念ずる事は現実化する? »

土地の波動を調べる

土曜日の午前中のダウジングセミナーは、こじんまりとしたセミナーとなった。
ダウジングを利用しての環境改善がテーマで、本当は実技中心で行くつもりだったのが、話の流れからこの日は、実技なしで2時間以上、ぶっ続けで喋ってしまったが、 たまにはいいか(^^ゞ と思ったりする。

終わった後、某会員さんから今住んでいる建物の波動をみて欲しいといわれたので、その施設のロビーにある喫茶室でコーヒーを飲みながら、測定をしてみた。

今の住んでいる場所がいやなので、家を買い換えたいという。

場所を聞けば、僕が昔住宅のセールスをして、建てて頂いた客さんのすぐ近くの家だ。
県住宅供給公社の分譲地だから、区画も悪くないし、一体何がいけないのだろうと思いつつ、測定してみる。

その方に、その場でチラシの裏に、手書きで間取りを書いてもらう。

もちろん、住所番地は必要だ。

それだけあれば、フリーハンドだろうがなんだろうが、その場所の情報をテーブルの上に引き出すことが出来るのだ。

まず、敷地の土地の波動から見る。

特に敷地内で、波動的に悪いところはないように見えたが・・・
東側境界線上から、波動が悪くなっている。
しかし、境界線から少し敷地に入ると、波動は正常になってといる。

原因を追っていくと、その悪い波動は隣の家から来ていることが分かった。

何でも、隣は夫婦ともあまりよい性格ではなく、子供を外に追い出して虐待をしているという。
その母親は、平気で「私は子供を虐待しているのよ。」というほどの人だというのだ。
その姿に、その人はずっと見かねていたようだ。

調べると、それも隣の土地の波動が悪く、その行為に対してますます輪を掛けているようだ。

土地の波動の改善は次回という事にしたが、それにしてもとんでもない事だ。

この場では測定だけにさせてもらったが、建物も見て欲しいというので、引き続き図面上で波動を追っていく。

大丈夫・・・と思っていたら、和室で悪い反応が出てしまった。

それも、押入れ側に面した、畳1枚から悪い波動が出てしまっている。

原因を探っていくと、ずばり畳そのものである、と出てしまった。

某最大手のハウスメーカーの家である。
多分、素材はスタイロ畳だ。

でも、シュミレーションしていっても、もともとの素材からの影響ではないらしい。

とにかく、畳を変えればよいみたいだ。

物を置いてあるわけでもなく、床下に問題があるわけでなく、湿気でもなさそうだ。
その場合、霊障も可能性としてみるが、その影響もない。

すると、その方は「(小学生の)娘が、おしっこをした場所だ。」と言った。

これで原因が分かった。

で、日中3時間日干しにしておくと、その波動が正常に戻るという事が分かったので、早速その様にアドバイスをしておいた。

一緒に同席されていた人は、この測定結果にとてもびっくりされていた。

(前日、飲みすぎたので測定に自身が無かったので心配だったが、現実と一致して内心ホッとしたところだ。)

|

« 過去世物語 | トップページ | 念ずる事は現実化する? »

波動改善」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土地の波動を調べる:

« 過去世物語 | トップページ | 念ずる事は現実化する? »