« 肺炎で余命一週間と宣告された話8 | トップページ | 賃貸マンションの借り手が決まる »

女子トイレの波動

前回(9月)の品川でのワークショップでの話です。


この東京で主催してくれている方は女性ですが、ご主人と、会社経営をされております。
頼まれて、定期的にその事務所の波動もチェックしています。


それが、上京する直前に、その方から、

「穂苅さん、この建物の波動どうですか。女子トイレの波動おかしくないですか。」
と、しきりに聞かれるのです。

しかしその場所の波動を観ても、その時は正常でした。

それは建物の間取り図の上から、波動を観ていきますから、その場所には行っていません。

「何かあるのですか?」
と聞くと、

「今度、勉強会が終わったら、お茶会のときに話ますね。」
と、なぜかニヤニヤしている感じです。

変だな~と思っていて、当日のワークショップの日となりました。


終了したあと、その話を聞きました。

「実は、最近分かったのですが、女子トイレの換気扇が逆回転していて、
換気しなければならないのに、外の空気が逆に入り込んでいたのですよ。」

と言われるのです。

えっ、そんな事があるのかと、ちょっとびっくりしました。

その時は、どうしてマイナスの反応が出なかったのかな、とちょっと不思議に思いましたが・・・


それから、数日後の事ですが、何気なく今年の2月に波動を調べた、事務所の間取り図を見たら、
さすがに自分でもびっくりしました。

何も言われていない状態で、こちらから、女子トイレの波動が落ちしています。
その原因は、換気が悪く、空気が淀んでいる可能性があります。

という事をズバリ指摘していたのです。


確かその時は、窓を開けて換気を良くしたらどうでしょうとか、色々と話をしたと思います。
しかし窓が無いという事で、結局木炭などを置いたようです。

それからは、ずっとマイナス波動も収まって、現在まで至っているのですが、
自分でも、よくピンポイントで、その状態まで指摘していたな、と思いました。

恐らく、今その場所にマイナス波動が出ていないのは、木炭なども含めて、
その空間の空気を良くする努力を、されているからだと思います。


Img_20120924_205114


一般的によく聞く話で、フーチ(振り子測定)での振り子の反応は、
その人の大脳の反応で、思った事が筋肉の反応を通じて、出てくるから、
あくまでもその人の思考の範囲でしかないと・・・

だから、当たる、外れるというのも、その人の思考の表れだという部分と、
統計的な確率しかないという見方です。

確かに、それはごもっともです。

物理学や、一般の科学、医学的な見地でいえば、まさしくその通りです。
私も、その様な考えに反対はしません。


ただし、条件付きです。

それは振り子測定が、心の顕在意識で動いている場合です。
顕在意識は、まさしく大脳の思考と密接につながっているでしょう。

その部分をいえば、心は大脳にある、またはそこの作用で生じているという説明が
成り立つでしょう。


ただ、ここの体験談で起こっていること、数百キロも離れている事象を見抜く能力については、
その観点では、全く説明出来なくなります。

それは、心の中にはもう一つの領域として、潜在意識があるのですが、
そこは真我とも言われている領域で、神の世界ともつながっている部分だと言われています。

意識が、あるいは心が、潜在意識を通じて、神の世界に入ったときに、
この肉体という制約を離れて、モノ事の事象を捉えられるようになっていくのです。

そうしますと、この肉体という制約を離れて、物事を見れるようになっていく、
あるいは、常識では考えられない様な作用を起こすことが出来る、
という事になっていくはずです。

通常は、なかなかその世界に入ることができません。

ですから、振り子測定も、自分の思った通りの反応になる、(知識や思い込みでの反応)
しかし、現実は全く当たらない、違う、ということになってしまいがちです。


般若心経の一節に書かれているような、

観自在菩薩

・・・あるとあらゆるモノを自由自在に観てこれる境地になる、菩薩という段階になる。

行深般若波羅蜜多時 

・・・潜在意識を通じて、自分自身の過去の転世輪廻の記憶を紐解く、
あるいは、過去に学んだ自分自身の知恵を自由に取り出すことが出来る、
という境地になっていく。

これらは、ズバリ潜在意識の中にある真我の世界に入る状態であり、
出来ればその様な状態に到達したいものです。


これは、ダウジングやフーチ、振り子測定、といったことではなく、
これらは単なる道具ですが、心の意識がそこに到達した時に、
先に書かれているような事も、普通の感覚で捉えられるようになって
いけるはずだと思います。


心は、無限大ともいえる世界に繋がっています。

その世界から、色々なものが見れるようになっていったら、
そこに存在しているもの、そこで起きている事柄のありとあらゆることを、
正確に掴めるようになっていくでしょう。


よく、振り子測定などで、どうしたら答えが正確に出ますか、とか、
どんな練習をすればいいですか、等について聞かれます。

振り子の練習は、実はほとんど必要ないのです。


必要なのは、


釈迦の、反省を主体とした禅定と、

キリストの、天と地を結ぶための祈りの瞑想、

そして、日々の生活の中での心の浄化を目的とした心の使い方、想い方


それしかないのです。

それが正しく出来上がってくると、常識を変えた力が、
心の内側から湧き上がってくることでしょう。


【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【心と体を高める波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/

|

« 肺炎で余命一週間と宣告された話8 | トップページ | 賃貸マンションの借り手が決まる »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女子トイレの波動:

« 肺炎で余命一週間と宣告された話8 | トップページ | 賃貸マンションの借り手が決まる »