« こちらの体験談にある「●●さん」とは私のことです(^^;) | トップページ | ちょっとした嬉しい報告があります »

体に症状が出ていなくても波動に表れている実例

FBの記事より引用させていただきました。

この方は、現在新潟県上越市のSE研究会の取りまとめ役として頑張っておられます。

お母さんに対しての体験談がつづられています。

是非お読みください。

============================================

私が学んでいるSE研究所の波動鑑定、改善技術については、今まで穂苅先生のブログにあるものや、毎月行っている勉強会に参加され、個人相談を受けた方々に実際に起きたこと、また、私自身や家族の事例などで何度かシェアさせて頂いていますが、先月末に長野の実家に帰った時にびっくりするような出来事があったのでシェアさせて頂きますね。

SE研究所の波動鑑定には、人体図を使用します。

この人体図に鑑定したい人の名前を書くと、信じられない方も多いと思いますが、その人の情報がこの紙の上にエネルギーとして現れます。

そして、体の各部所について一つ一つマイナスエネルギーが生じているところがないかどうかをダウジングの振り子を使って調べて行きます。


この図は、私の母のもので、穂苅先生に鑑定して頂いたのは、3月7日になっています。


私の母は若い頃から外反母趾を患っており足の指が変形してしっかりと踏みしめて歩くことが難しく、最近は高齢も手伝って、痛みはないものの筋力の衰えにより体のバランスを崩しやすくなってしまい、よろけて怪我をするのではとずっと心配していました。


松本市に外反母趾の専門外来があることを知り、見て頂いたところ、専用のオーダーメイドの装具を付ければ歩く状態が改善されるとのことで、今は装具を着けて、本人も快適な状態が保てており、様子を見ている状況です。


この図は、私が母が外反母趾の手術を受けた方が良いかどうかを見て頂きたくて鑑定をお願いしたものですが、母の健康状態について調べて頂いたところ、体に表れているマイナス箇所は、両足先にマイナス、左ひざがマイナスではないものの数値がわずかに+5。


そして、母の右目がー15になっています。


(通常ですと、背骨の骨格一つ一つまで詳細にマイナス箇所を探っていきますが、この時は時間がなかったために、簡易的に調べて頂いたに留まりました)


母の外反母趾の相談をお願いしたので、両足先がマイナスなのは当然。


そして、膝については、若い頃から、私もそうですが、膝の骨がずれるなどのトラブルを頻繁に起こした時があり、急所でもありますので、わずかに+2であることに納得したのですが、母の右目については、今まで目のトラブルについては聞いたことがなかったので、一応、三か所について改善をして頂いた上で、私が母に波動改善を施す場合のポイントについて教えて頂きその日は帰ってきました。


母の目のことが気になっていたので、実家に電話して聞いたところ、母は何の症状もない・・と。

一応、先生に波動改善もしていただいたし、足の状態も装具のお陰でまあまあとのことなので、私もすっかり安心して、その後は波動改善もしないままになっていました。


先月末に実家に帰った時に、母の状態が相変わらずであること知り、少しは安心したのですが、テーブルの上にはなんやら薬らしきものを発見し、母に聞いたところ、目薬だと・・・。


2か月くらい前(6月頃)に、兄が母の目が赤いことに気づいて医者に行ったら特に病気と言えるほどではないが、念のため目薬をもらって来たとのこと。


私が会った時にはすっかり症状は消えていました。


ラベルに「両眼用」と書いてあったので、母に「両目が具合悪かったの?」と聞いたら「右目だけ」と。


びっくりしました。


先生に鑑定して頂いたのは3月ですが、その時には母の自覚症状は出ていませんでした。


母もその時のことをすっかり忘れていたようで、私もちょうど持っていた人体図をおもむろに確認する意味で広げて母に見せながら改めて、右目にはっきり本当にー15と書かれているのをこの目で確認して、本当にびっくりしてしまいました。


このことを皆さんがどう感じられるかどうかわかりませんが、自覚症状がなくとも、何らかのマイナスを生じさせる変化の種は先生に鑑定を受けていた3月の段階では現れていたことになります。


これを偶然だとか、たまたまだと言い切ることができるのか・・と思います。


私が今まで数々、穂苅先生の波動鑑定の体験談を見聞きしてきてもちろん私の乳がんについての実例もそうですが、その技術に確信を持っている立場としては、西洋医学的な検査を受けずとも体の不調箇所がわかってしまうということ。


しかも、本人の自覚症状がない段階でその人の体に指一本触れず、しかも本人が遠く離れていてもその人の状況がわかってしまうということ。


そして、症状として出る前に、マイナス箇所を鑑定によって見つけ、早い段階から波動改善によってマイナスエネルギーを取り除けば病気を未然に防ぐことができる可能性がある・・

と言うことなのだと思います。


このことは、西洋医学における検査でしか発見できないとする西洋医学の根幹を揺るがし、引いては無駄に使われるばかりの医療費を格段に削減することのできる可能性を持っていると思っています。


もちろん、すべての病気が確実に改善される・・
とは言い切れない部分あります。


ただ、この技術の素晴らしさは、誰でもが容易に身に着けることのできる技術であり、いつでも、どこでも無限大に使えるエネルギーを利用したお金がない人でも無料でできる技術であること。

そして、人にもしてあげられる技術であること。

世の中には高額な料金で統合医療を施す自由診療がありますが、それはお金持ちだけが助かる可能性のある療法であり、本当の真理とは、権威でも、高度な科学でもなくすべての人が無料で得られるものでなければいけない、とこの技術の素晴らしさと、この技術を長年の経験と技術を高めてここまで構築された穂苅先生の真に人のために生かすことのできる技術を希求する姿勢。


そして、それを多くの人にタダ同然で広めようとされている人間性に改めて感嘆します。


(もちろん勉強会には講習料金は企画の段階で必要経費として頂かなけれならないこととは避けようがなくこれは最低限のものとして設定させて頂いています)


この技術は古来からあるダウジングの技術とは全く別物。

世界でたった一つの類稀な技術だと思っています。

一人でも多くの方にこの技術を身に着けて自分や家族や周りの人々に、暮らしに生かして欲しい・・と


この技術を普及すべく、SE研究所の穂苅先生は、日夜尽力され、私も一人でもこの上越にいる方々に知って頂きたいと、「心と波動の勉強会」を、毎月定例で主宰しています。

物見遊山な見学も無料、大歓迎です。

真偽について議論百出するよりも体験するのが一番だと思います。

ぜひご自分の目で体で体験されることをお勧めします。

一人でも多くの方のご参加を心からお待ちしています。


詳しいことはFBイベントページから。
https://www.facebook.com/events/871674179546509/


【SE研究所ホームページ】

【心と波動の世界・総合版】

【心と波動の勉強会・ワークショップ】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】

|

« こちらの体験談にある「●●さん」とは私のことです(^^;) | トップページ | ちょっとした嬉しい報告があります »

病気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体に症状が出ていなくても波動に表れている実例:

« こちらの体験談にある「●●さん」とは私のことです(^^;) | トップページ | ちょっとした嬉しい報告があります »