« 股関節の痛みに対して | トップページ | 腎臓の機能低下に対して »

近視性脈絡膜新生血管に対して


こちらの方からも、日常の様々なご相談を受けています。

体のことに関しても、ご相談を受けております。


その中でも目の具合が悪いと、気にされています。


特に気にされているのが、目の奥に現れる「近視性脈絡膜新生血管」


ずいぶんと長い名前の症状です。

眼底に、勝手に気の根っこのように血管が延びてきてしまい、血液もたまってしまうようです。


症状が悪くなると、その血管が陰となり、視界を妨げていきます。

最悪の場合、失明のおそれがあるそうです。


調べてみますと、進行を遅くすることが出来ても、治すことは大変難しいようです。

なかなかやっかいです。


目に関しては、今年の一月のはじめに相談を受けました。


病院の先生のお話では、注射での手術があるのだそうです。

それには二種類あって、安い方でも一回ごとに5万円はかかるのだそうです。


それを何回もやらなくてはなりません。

出費も大変です。

おそらく、保険適用後の金額です。


それで、治すと言うことではないようです。


その方は、手術はしたくないという事でした。


手術した方がよいのか、このような波動改善によって良くできないものか、相談されました。


このようなことはリスクも大きいので、こうしてくださいとは言えません。

判断は委ねることとして、測定結果だけお伝えしました。


その結果では、波動改善をしていく事を前提にして、手術をしていった場合の経過と、手術をしない場合の経過をシミュレーションをしてみます。


お医者様からは、少なくても2月には手術をしないといけないと、さんざん言われているようです。


3月以降になると手術できる状態ではなくなってしまう、と言うのです。


一応測定してみました。

そうしたら、手術をしない場合でも、手術をしたとしても、3月以降の反応に変化が見られないのです。

どういうことかと思い再度測定してみますと、手術の必要はないと出ます。


でも、こちらとしても大変心配でした。


しかしその方は、波動改善のみにかけることにされました。


それから時間をかけながら、何回も何回も、エネルギーを入れ続けました。


そうしましたら、つい数日前、何回目かの目の検査があったそうです。

いつもとは違うお医者様だったそうです。


そこでの診察結果です。

なんと、脈絡膜新生血管が無くなっている、と言うのです。


ビックリしました。

その方も、そんなことがあるのかとネットで調べたそうです。

そうしたら、ごくたまに治る方がいるということでした。


ただ、まだものが歪んで見えるのですが、と言うことをお医者様にお話ししたら、

眼球の中の血管が引いて無くなったときに、傷が残るので、そのせいではないかと言うことでした。


まだまだ、目に対してエネルギー入れとして、すべき事もたくさんあります。

しかし一番心配していた症状の一つが消えたというので、ホッとしています。


こんなこともある、ということなのでしょうか。

一つの事例でした。


しかし、通常では、お医者様の指示に従った中で、サポートする立場での波動改善を心がけております。


今回は、本当にホッとしています。


【SE研究所ホームページ】

【心と波動の世界・総合版】

【心と波動の勉強会・ワークショップ】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】


|

« 股関節の痛みに対して | トップページ | 腎臓の機能低下に対して »

病気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近視性脈絡膜新生血管に対して:

« 股関節の痛みに対して | トップページ | 腎臓の機能低下に対して »