病気-脳

脳梗塞に対して

SE研究所

平成27年6月号会報CD No61より

脳梗塞に対して



この話の続きは、ちょっと不思議な四つの体験談の「その三」に書かれています。

http://selabo.cocolog-nifty.com/miracle/2015/07/4-4dd1.html


【SE研究所ホームページ】

【心と波動の世界・総合版】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳梗塞が良くなる可能性は?

これはある方と、お電話でお話をしていた時の会話からです。


その方のご主人さんは数年前に脳梗塞をされてしまい、今現在右半身が不自由な生活を余儀なくされてしまっています。

つい先日、ご夫婦で個人相談も受けられたのですが、果たして良くなる可能性があるか、またあるのであれば、どうしていけばいいのか、ということについてのご相談でした。

なかなか難しいご相談ですが、この技術はわずかな可能性でも探し出し、そこを糸口に改善を図るというものです。

出来る出来ないは、結果としての判断で、最初はどんな問題でも出来ないというような結論は、出さないようにしております。


まずその方の頭の波動を中心に、色々と調べていきました。


もちろん、全身の体の波動も調べていきます。

そしたら全く想像もしなかった意外な場所に、「ひょっとしたら」という可能性が見いだせそうなポイントが見つかったのです。

そこでその場所の含めて、他にも問題のある、数か所にエネルギーを入れてみたのでした。

あとご家庭でもして欲しいことを、アドバイスをさせていただいたのでした。

もちろんそのようなことをしても、すぐに結果が表れるものではありませんから、測定結果を一つの仮説として、地道な努力をしていくことが必要なのは言うまでもありません。


それから、二日ほど経った時、別件の話で奥様と電話で話をする機会があったのです。


昨日ちょっと不思議なことがあったそうです。

ご主人さんが、突然自力で2階に上がって行ったそうです。

ご主人さんも、なぜか急に二階に上がりたくなったと。

今までは、介助がないと大変だった様子ですし、また自分から二階に上がることは、嫌がっていたそうです。


そのお話を聞いてすごくびっくりしました。


そんなことは、とても想像もできなかったのですが。

しかし多少でも効果があったのか・・・と思わせるようなとても喜ばしい出来事でした。

ひょっとしたら、回復に向けて、実際にも可能性が出てきたのかもしれません。

もちろん、偶然かもしれませんし、実際に効果の有無の判断もできません。


しかしこのことを一つの契機として、このご夫婦には、良くなるという希望をもって、これからも頑張ってほしいと願っております。


【SE研究所ホームページ】

【心と波動の世界・総合版】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳腫瘍は消せますか?

2008年09月14日

脳腫瘍を消す事ができますか?

という事をある方から聞かれました。

聞くと、その方の友人の頭に脳腫瘍が発見されて、

今度摘出手術をする事になったというのです。

まだ、30代の方です。

それとあわせて「希望の命水」という超ミネラル水を譲って欲しい、というのです。

その友人にも飲ませたかったようです。

波動改善で脳腫瘍を消せるかどうかは、やってみないとわかりませんが、

マイナスの波動を直す事は出来ます。

その友人の名前を聞いて、脳の断面図を頼りに、どこが悪いか測定してみました。

そうすると頭部の中央よりやや左側の後頭部側にマイナスの場所がありました。

それから2、3日してその方に希望の命水を届けたときに、

その脳の断面図も一緒に持っていったというのですが、

すると、

「友人から聞いていたのは、右脳側だよ。」

といわれるので、

あれ? 外れてしまったかな・・・と少々がっかりして帰ったのです。

そしたら、翌日その方から電話があり、

友人宅にその希望の命水を届けに行って話しをしたら、

なんと、先日右脳側といったのは、言い間違いで、

実際はこちらで指摘した左側だったのだそうです。

こちらで記入した脳の断面図を見て、二人で鳥肌が立ったと言っていました。

それはともかくとして、9月に入って入院検査、そして手術となるというので、

出来るだけそれまでに波動を良くさせたいと思って、その方とエネルギーを入れようね、

と話していました。

結局、入院検査で手術をする事になりましたが、

それでも、手術は無事に成功して欲しいですから、不定期ではありましたが、

脳の断面図を使って患部にエネルギーを入れたりしていました。

そして、手術の当日となり、波動を見ますと、大分良くなっているのが分かります。

たぶん大丈夫だなと思っていましたが、念のため、再度エネルギーを入れます。

すると翌日、その方からこんなメールが入りました。

とにかく無事に終わったようです。

=================

おはようございます。

Yさんのオペですが、無事に終わったようです。

昨日の夜には麻酔も覚めて、お父様と合図を送り合ったとか。

今日はまだ集中治療室にいるそうです。

詳しいことはよくわかりませんが、とりあえず無事に終わってホッとしました。

穂苅さんのお陰です、ありがとうございました!!o(^-^)o

=================

まあ、これは、僕のお陰という事はありませんが、ご本人の努力、ご家族、また周囲の人、

お医者さんと、さまざまな方の元良い結果が出ているようですので、良かったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)