うつ病

念ずる基本の言葉の重要性

ある方からの電話からです。

少しご無沙汰していました。

しばらくの間、体調を崩されていたようでした。


ところで、SE研究所で行う実技の中で、基本としている念ずる言葉があります。


その方が基本となる言葉で、

「私の心、体、生活環境全てに太陽のエネルギーが入りましてありがとうございます」

と書いた文字の上から念じてみたそうです。


そしたら、とても体調が良くなったというのです。

随分と調子がよくなったのでしょうか、

「どうしてなのですか」

と聞かれました。


この言葉は全般な部分で全てを整えていく言葉として使っています。

そのため、

「おそらく特にどこがというよりも、全体のバランスが良くなったのではないですか」

と答えました。


通常、この言葉とは別に、願い事などは出来るだけ具体的に、絞って書くようにしています。

ただそれとは違い全体の調和と言うことで、具体的な形ではとらえられにくい、歪んだ部分が調っていたのだと思います。


この方の素朴な質問を通じて、改めてやっていることへの再認識ができました。


まずは、全体が調うように基本として、この言葉を通じて念じて行かれると良いでしょう。

【SE研究所ホームページ】

【心と波動の世界・総合版】

【心と波動の勉強会・ワークショップ】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウツの意外な原因

これはある方からのご相談です。

数年前から、ウツっぽいと言うのです。


その方は仕事柄、色々と指導する立場にあります。

通常ですと、仕事の中の人間関係のストレスから、そのような状態になることが多いと思います。

しかし、波動をチェックしていくと、職場ではそのような原因はないと出ます。


家庭ではどうか、

奥様との関係でもなさそうです。


ところが、住まい環境からそのような原因が現れていると出たのです。

また、その方の心のバランスをみていきますと、本能の領域の、性欲という部分で、なぜかマイナス反応です。


それを伝えますと、その方は、 「そうなんですよ、なぜか性欲というものが全くないのですよ」 と言われるのです。

ウツっぽい反応と、この部分はリンクしているような反応です。

それも気になったので、FAXで今住んでいるアパートの間取り図を送ってもらうことにしました。


そして、そこからまた波動のチェックです。

そうしましたら、その方の部屋の入り口部分と、部屋の中のクローゼット部分のところから、マイナス反応が出ています。


さらに調べていくと、なんと60代の女性の反応が出ているのです。

地縛霊です。

この地縛霊は、このアパートを新築した当時からすでにそこに居座っているという反応がでます。

そして、その方が引っ越ししてきたのは、8年前だというのです。


その方に聞きました。

「ウツっぽくなったのは、8年前から、ここに引っ越しして来た時からですね」

そうしたら、「そうなんです」と言うことなのでした。


ウツっぽいのも、性欲が減退してしまったのも、これで納得がいきます。

この霊の意識に相当影響されてしまっていたようです。

そしてこの霊がいなくなれば、心の反応もプラスに変わるということがわかりました。


それで、早速、図面上の上からではありますが、浄霊を行います。

する事、約10分。


それで反応をみると、すっきりといなくなっている反応です。

もちろん、祈りの言葉も含めて天に行くことができるように、こちらも真心を尽くします。


意外とこのような事は、よくあるものです。

このような事例の場合は、すでに精神科医やカウンセリングの範疇ではありません。


その後、その方から、心が軽くなりましたとのメールを頂きました。

こちらとしましても、大変うれしいばかりです。

これを気に、心を明るくしていってもらいたいものです。


【SE研究所ホームページ・新刊書のご案内】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【ワークショップ スケジュール】
品川 2月17日(日)
http://www.selabo.jp/semi/sinagawa.html

【ワークショップ スケジュール】
長野 2月24日(日)
http://www.selabo.jp/semi/info.html

【SE研究所・波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある方に起きた異常体験-3

それから、一日か二日位、間が空いたと思いますが、このようなメールを頂きました。

あれから、頭の中がスカッとして、10数年前に、アメリカの新薬を飲まされた時に、
頭がスカッとしたそうで、その時と同じような感覚になってびっくりしたそうです。

薬の時は、その時だけだったようですが、今回は違うようです。

かなりの部分で、よい変化が現れだしたようです。

少なくても、15年来の精神的な病については、わずか3時間(正味2時間)の波動改善で、
ほとんど良くなってしまったようです。

※過去にも何回か、強烈な部分も含めて、霊現象が起こることがありました。
また、表には、霊現象は出なくても、同様のケースの方もおりました。

ただ、過去のすべての方に対して、同様の結果が出せたというものではありません。
ですから、もちろん、結果を出せなかった事もあります。

しかし回数を重ねていくうちに、だんだんとその実体が見えてくると、
対応の仕方も分かってくるというものです。

その方は、こんな近所にこんな凄い人がいるなんて知らなかったと、非常に驚かれていました。

その実際の頂いているメールですが、


======================


こんばんは。○○です。

先生に気をいれてもらってから、約10日。

様々な不思議なことが私の周りで、変化しはじめているのを感じています。

挙げたら、キリがありませんが、たとえば、私は筋トレが趣味なのですが、
今までは、それなりの負荷をかけていたのですが、不思議なことに、今までは、
苦しいと感じていたのが、なんか、負荷が軽くなったような気がします。

あと、便秘症だったのが、スムースにいくようになったとか・・・。

なんか、細胞レベルでの変化を感じています。

今日、職場の復職面談がありました。

○月○日から復職することになりました。

===========================


そして、職場復帰後にまた、メールを頂きました。


===========================


こんばんは。いい季節になってきましたね。

私も仕事に復帰して、約1週間。
肉体面、精神面、環境面とすこしずつではありますが、変化を感じています。


===========================


そして、二度手術しても調子の悪かった腰ですが、それはその人の努力で、
SEカードを使って一生懸命念じていたら、何と3週間で、その痛みから解放されたそうです。

言われた通りに、真剣に取り組くんだ結果、ご自分でもすばらしい効果をあげることが出来ました。

結局、この家系は呪われているとか、業が深いとかは、全く関係なかったことなのでした。

今度は前向きな部分で、良くしていかなければならないハードルがたくさんあります。

しかし、これらは、発展的な事柄で、誰もが解消していかなければならない事柄です。

この方も、まだまだこちらとの縁を持ってもらって1月半位です。

短期間で、随分と精神も、心の状態も、未来に対しての考え方も劇的に変わりました。

全てが希望に向けて、人生を突き進んでいってもらいたいものです。


【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【8月 ワークショップ スケジュール】
品川 8月26日(日)
※8月は、第四週となります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある方に起きた異常体験-2

まず、心の面よりも頭の波動を調整しようと、波動改善を始めました。

この場所からマイナスの波動を抜き出します。
この場合、頭の断面図を使って行いますので、相談者はテーブル越しに座ってもらっています。


そうしましたら、ほぼそれと同時に、その方が反応しだしたのです。

「なんだ!!」

と言いながら、体全体が左回りに回転しだしたのです。

その方の心に入り込んでいるモノが、中で苦しがって暴れ出したのです。

抵抗しようとしていますが、どうにもならないようです。

そのうち、頭の断面図を通ってエネルギーを入れたりしたのですが、
のたうち回るように、苦しがっているのです。

今度は1m以上離れたところから、今度は手で波動を起こして、
相手の体にエネルギーを入れるようにしました。

その時も大変な状態です。

例えは悪いですが、まるで、ゴジラが口から火を噴いて相手の怪獣を焼いているようなものです。

焼かれた怪獣は、その火炎攻撃で全く抵抗できなくなっているような・・・
そんなシーンを彷彿させてしまいそうです。


手からも、相当強いエネルギーが出ていています。

それが直接、相手の心に入り込んでいるモノに、光・エネルギーとして、強烈な刺激を与えます。

ついにはその方は、イスから転げ落ちてしまい、床に倒れて、下を向いて、
ゲーゲー吐き出すようになってしまいました。

実際には、なにも吐かなかったのですが、何か、詰まっているものを吐き出しているようでした。

そして、黄色い光が見える、(せめて黄金色と言ってもらいたかったですが)、
まぶしい、まぶしいと言いながら、苦しがっていたのですが、

そのうち、熱い、熱い、と言いながら、手のひらが焦げ臭い、体の中で、
焦げている臭いがするといって、苦しがっていました。


いわゆる動物の表皮である、毛皮の部分が焼けているような臭いです。

どうやら、相当質の悪いキツネの霊が、その人の心の中に入り込んでいたようでした。


それでも、その中にいるモノは、絶対出ていかない、と意地を張っています。

その霊に向かって、
「この者に憑依している動物霊よ、そなたは出て行くのか、それがいやならば、
この場でそなたを焼き殺す。どうするのだ!」

と、少々物騒な言葉ではありますが、そのように語りかけながら、さらに強い光を入れることにしたのです。

(あの世の霊ですから、何をやっても死にませんが、いざとなったら、
その位のつもりで、しなければならないのです。)

※あの世での死の概念ですが、さらに深い闇の世界に放り込まれる状態を想像してみてください。


====================================================================================


ちなみに、天上界の天使が、地獄界に降りてくると、地獄の世界は光のない世界ですから、
その天使の放つ光の波動が、太陽そのものに見えてしまうそうです。

一瞬のうちに、暗闇の世界が明るくなるのだそうです。

ですから、上空から太陽そのものが降りてくるように見えて、
地獄にいる人たちは、神様が降りてきたと、ひれ伏してしまうのだそうです。

もちろん、これは次元の異なるあの世の世界でのことだそうですので、
生きているわたくしたちは、あの世に行かないと経験できないことです。


====================================================================================


そんな事で、もう狭い事務所の中は大変な騒ぎです。

その間、約2時間余り、真剣勝負が続きます。

こんな状態になったら、決着が付くまではやめられませんから、こちらも必死です。

もちろん、その決着は、こちらが勝つようになっています。

太陽のエネルギーで、全てに光を与え、生命エネルギーを高めるとは言っても、
このような場合も含めて、いざとなったら、その光は強すぎると相手は、焼かれてしまうようです。

出ていけばいいのに、抵抗するのならば、それは仕方ありません。

しかし相手も根負けしたのでしょう。

次第にその方を支配している声も小さくなり、遠退いていったようです。

冗談抜きで、日本版エクソシストか、高橋信次先生の「悪霊」第三部にでも出てきそうな話です。

しかしこの方の場合、一度悪霊とのパイプが出来てしまいますと
、完全に断ち切るのは容易ではありません。

最終的には、ご本人の努力が必要不可欠となります。

完全に克服するには、心の在り方、心の作り方を生涯かけて追及していくしかないのです。

聞いてみますと、昔密教的な事を学んだことがあるようですが、
その様なことも、変な世界とのパイプを作ってしまう要因となりがちです。

精神世界、宗教的な世界との関わりは、求め方を間違えてしまいますと、
危険さが表裏一体で存在しています。

気をつけなくてはなりません。

状態を観ながら、今日のところはもうこれで大丈夫だと判断して、
本人に元に戻ってもらい、色々な話をして終わりにしました。

SEカードを渡し、その使い方を伝えて、家でも日々の管理をするように、
伝えて、帰ってもらう事にしました。


~3に続きます。


【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【心と体を高める波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

うつ病が1日で良くなる

1月のさいたまセミナーの前日の事です。

本業の仕事で、毎月一般の方対象に、家づくりのセミナーを開催しています。

その日は、終了後、新年会も兼ねての定例会でした。(早い話が会のメンバーでの飲み会です。)
その時に、お客さんであって、本日のセミナーでリフォームをした時の体験を話していただいた方にも、
御夫婦で参加していただきました。

その奥さん、前から僕が、ちょっと不思議な?事をしていることは、知っていましたが、
なぜか話がそちらのほうになりまして、(別にこちらからは、仕向けてはいません。)

その奥さんから、「別居している実の母がうつなんです。」ということを聞かされました。
もう高齢ですが、しばらく前からうつで医者にもいっているとの事。

もともとは、都会に住んでいたので、田舎の環境に上手く合わせられないことも、あるのかも知れません。

旦那さんは、そんなことで良くなるの?
という感じで横で聞いていましたが、

奥さんは、「藁にでもすがりたいのよ。治れば何でもいいの。」

と言っておられました。

でも、まさかこんな事で良くなるとは、誰も思わないでしょう。

医療でもない、気功でもない、そんな事で本当に出来るの?と言われるようなやり方ですから。

もちろん、おまじないでもありません。

でも、その奥さんは、僕に可能性を託してくださいました。

そしてその2日後(さいたまセミナーの翌日)の月曜日に、

その奥さんと、そのお母さんに会いに行くことになりました。

そのお母さんも、僕が行くことを受け入れてくれたのです。

そこはマンションの最上階ですが、うつの場合、どうしても御本人の問題以外に、
何か邪魔するものがいることが多いのです。

そうなると、医療でも、カウンセリング的なものでも、まず不可能になってしまいます。
かといって、変なところで変な御呪いでもされたら、返っておかしくなってしまいます。

実際、トータルで見ないとこの様な病気は、治すのが難しくなります。

そして、頭の状態も見ます。

当然ながら内部からもマイナスの波動が出ています。
その場合、心の問題だけにされたら、御本人は大変気の毒です。

心からもマイナスはあります。
それも取り除かなくてはなりません。

医者に通われて、抗うつ剤はもちろんのこと、睡眠薬も毎日飲んでおられるようです。

でも、それらは良くなるという保証のあるものではありません。

で、夜はまだ良いのですが、朝になると気分が優れなくて、大変なのだそうです。

もう、何年も苦しんでこられたのでしょう。

この時、まず調べる順番として、住まい空間に気の滞りがないか見ます。

これは、図面からでOKです。

そして、頭の断面図で、頭の中に気の滞りがあるか調べます。

最後に、心の状態を見ます。

必要に応じて、体全体の健康状態も調べます。

誰でもそうだと思いますが、どんなに心、精神とは言っても、空間の波動が悪いと、
おかしくなってしまうものです。

それも、全ての人が、というわけではないのですが、

その空間にあるものと、心の中で接点が出来てしまう人が、おかしくなってしまいがちなのです。

そのマンションを見ますと、入り口側の和室のある特定の場所。

そして、台所のガスレンジの場所に、明らかなマイナス反応が出ています。

そしてお母さんにもっとも影響を与えているのは、ガスレンジの場所と出ます。

そこは、台所仕事でよく立っている場所なのだそうです。

そこからの波動で、おかしくなってしまったようです。

その方には、「そこに悪い気が溜まっていて、影響を与えているので、取りますね。」

とだけ言いました。

本当は、地縛霊の反応なのですが、あまり言うとかえって不安にさせてしまうので、
その事を言うのは控えました。

で、室内の波動を直し、次は頭です。

せっかくご本人が目の前にいるので、直接手で波動を起こして、頭の気の滞りを無くし、
エネルギーの入れ替えをしました。

最後に心の調整をします。

その時には、御本人にも、一緒にこちらで指示する方法でやってもらいます。

約1時間40分ほどの出来事です。

正直なところ、結果は一日経たないと分かりません。

それは何時もの事ながら、やる側も不安です。

過去に出来た実績と、これから出来るという保証とは別ですから。

ただ、経験を積んだ中で、多分今回も結果が出せるだろうと、
自分自身を信じてやっているだけなのです。

そして測定上ですが、きっちりとエネルギーが入っている状態になり、
時間も時間だったので、引き上げる事にしました。

そうしたら、翌日の14時ごろでした。
その奥さん(お母さんの娘さん)から電話が入りました。

「母から連絡があって、今朝から凄く気分がいいというのです。
凄いですね。どうして、そんな事が出来るのですか?」

と驚いた口ぶりで話されました。

それは、一定の手順があって、その通りやれば良くなるんですよ、とだけ答えておきましたが、
正直、ほっとしました。

人体図の反応を見ても、正常になっています。
おそらくは、しばらくは大丈夫かと思います。

また、必要に応じてみていく場面もあると思いますが、ほっとした出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)