土地建物の波動

犬の成仏

過日行った個人相談会でのことです。

その中で一つ、大変印象に残ったことがありました。

相談は、内容が多岐にわたりました。


その方とは二度目の相談でしたが、精神面でトラブルを抱えていたのが、すっかり良くなられた様子です。

また前回も測定を通じて色々なことが的中していて、衝撃的なショックを受けたそうです。


ご家族でお見えでしたが、そんなこともあり、みなさん夢中になって相談されていました。


さてその家では昔、家に3匹犬を飼っていていたそうですが、今は皆亡くなってしまい、部屋にお骨を置いているそうです。


家の波動を観たら、変な霊の反応は無かったのですが・・・


お母さん曰く、家の中でいないはずの犬が、ドアをカリカリかき、また音が聞こえるというのです。

さらには、走る姿が見えたりするのだそうです。


その姿も一瞬だけ見えるのだそうです。


そんなはずはない、変だなあ~と思って、念のため三匹の犬の名前を書いたもらったのです。


そうしたら、その中の一匹が成仏していません。


あり得ない!


と思ったのです。


なぜならば、成仏できないものや、動物霊(悪さをするもの)は、ほぼ全てと言っていいほど、マイナス反応を出しているのです。


それなのにマイナス反応は無いはずなのに、家の中にその犬の霊がいると反応が出るのです。

こんなことは、初めてです。


しかしその測定のままに、この犬の○○ちゃんが家の中にいるようですと、お伝えしたのです。


すると、他の犬は腕に抱かれて亡くなったのが、○○ちゃんという犬は高齢で痴呆が入り、また様々な病気を併発していたそうです。


そして、いよいよ最後の時は、その少し前から連続してずっと麻酔薬を打たれてたそうです。

麻酔薬を打たれながら、意識が戻ることなくそのまま亡くなったのだそうです。


なので、おそらく死んだ自覚の無いままに、飼い主の家の中に入るようなのです。

念のため見方を変えて、この犬がどこにあるか調べてみました。

すると、ちょうどリビングのドアからリビングの部屋側の壁のライン沿って行ったり来たりしているようです。

他の場所には移動せず、そこの動線上を動いているようなのです。


そのことをお伝えしたら、「ちょうどその場所からなんです」と、お母さんが言われポロポロ涙を流されていました。

「どうしましょうか、もう少しこの家で遊ばせて上げましょうか、それとも天に送って上げましょうか」

と聞きました。


その時は、これはご家族の意向に沿った形で対処しようと思ったのでした。

天に上げなくても、いずれはその世界に戻る。

ならば、もう少しこの家にいさせておいてもいいかなとも、一瞬思ったのです。


そうしましたら、「天に上げてください」と言われるので、その犬の意識に語りかけて、天上界に送りました。


他にも様々な質問、測定などがありましたが、その中でもとても印象的なことでした。

ご家族の方もうれしかったと思います。


私も、ホッとしました。


おそらく生前は、相当可愛がられていたのでしょう。

その為か、亡くなった後もずっとその上に居たかったのでしょう。

あるいは、その犬自身はまだ生きていると思っていて、ご家族に甘え続けていきたかったのでしょうか。


いずれにしても、生前ずっと大事にされ続けた記憶がそのようにさせていたのでしょう。

このご家庭の家族の愛を感じた出来事でした。


なぜか、心の暖まるような不思議な気持ちにさせられた出来事でした。


=====================================


各地で勉強会をしております。

現在、東京品川区、長野県長野市、新潟県上越市、その他地域にて開催しております。

興味のある方は、是非ご参加ください。

SE研究所のホームページもご覧ください。


★お申し込み先

ワークショップ・個人レッスン・個人相談


SE研究所 穂苅まで

TEL 070-6665-0954
FAX 026-403-2201
info@selabo.jp

SE勉強会申し込み
個人相談・個人レッスン申し込み


詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.selabo.jp/semi/wsnaiyo.html

お問合せ、お申し込み先はこちらまでお願いいたします。

SE研究所
info@selabo.jp
fax 026-403-2201


=====================================


【SE研究所ホームページ】

【心と波動の世界・総合版】

【心と波動の世界・質問集】

【心と波動の勉強会・ワークショップ】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住まい環境の波動についての実例です (霊障)

2017年09月11日H29.8.5上越市

SE研究所ダウジング講習会
「心と波動の勉強会」より


住まい環境の波動についての実例です。

1 マンションの波動が悪い話
土地の波動が悪い原因は?
 戦時中?に亡くなった浮かばれない霊が灼く10体ほど土地にいた。


2 新築の家を手放した話
 果たして、引っ越ししたらトラブルの原因は消えるのか?
 家族に憑いているものが引越と一緒に移動するから、移転先でもトラブルが起きてしまった。


3 引っ越ししたマンションの波動がおかしい。
 女性の地縛霊がいた話


いずれの場合もそこにいる亡くなって浮かばれない方が、災いの原因を作っていた様です。
いずれの方も引導を渡し、天上界に引き上げました。


土地、建物の波動がおかしいときは、ただ悪い、また全て霊障にするのは間違いです。
原因を調べて、全てそれごとの原因に対する対処ができなくてはなりません。


波動が悪い原因の、80%から90%位のものは、住んでいる人の日常の掃除や片づけで解消できます。
残りのわずかな部分で、原因不明なものがあります。


その時に、いい加減なところに相談に行って、ありもしないことを言われたり、だまされたりしないことが大事です。

ここに、人の心を不安にさせる落とし穴がありますから、十分に気をつけるようにしてください。

=================================================


各地で勉強会をしております。

現在、東京品川区、長野県長野市、新潟県上越市、岐阜県岐阜市にて定期的に行っております。

興味のある方は、是非ご参加ください。

SE研究所のホームページもご覧ください。


★お申し込み先

ワークショップ・個人レッスン・個人相談


SE研究所 穂苅まで

TEL 070-6665-0954
FAX 026-403-2201
info@selabo.jp

SE勉強会申し込み
個人相談・個人レッスン申し込み


詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.selabo.jp/semi/wsnaiyo.html

お問合せ、お申し込み先はこちらまでお願いいたします。

SE研究所
info@selabo.jp
fax 026-403-2201


=====================================


【SE研究所ホームページ】

【心と波動の世界・総合版】

【心と波動の世界・質問集】

【心と波動の勉強会・ワークショップ】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家の波動測定より


こちらの方は、つい先日、上越市の勉強会の終了後でご相談を受けた方です。


家の中に、何か変な気配がある、という事なのです。


この場合は、手書きでいいので、間取り図と敷地図を書いていただきます。

そこに住所、番地を記入しますと、その場所からの波動を捉えることが出来ます。


現地に出向く必要はありません。


そうしましたら、いくつかマイナスの箇所が浮き上がってきます。


1階の6畳間の部屋から、動物霊の反応があります。

それは、簡単に取り外す事が出来ます。


ですからもちろんの事、一通り調べたら、その様なものは図面上から取り外していきます。


他、住宅の一部となっている車庫の内部からもマイナスが出ています。


これは、整理整頓をすれば正常な波動になると出ます。

お聞きしますと、確かにお父様の色々なものがたくさんあり、片づけがなされていない状況だそうです。

他、水回りの大半がマイナスです。

配管廻りに問題がありそうな反応です。


家自体、年数も経っているそうですので、配管廻りにも傷みがあるのかもしれません。

ちょうど、ボイラーが壊れて交換するようになっているそうです。

その時に点検をしてもらうようにお話をしました。

そして2階です。


階段を上がって、その横の部屋の中のとある場所からマイナス波動が出ています。

場所を絞って特定します。


何となく、カビ臭いような感覚がしたのですが、何か室内の置いてあるものに反応している様子です。


霊的なものではありません。

後でよく点検してもらうように、お話をしました。

そうしましたら、この様なメールが来たのです。


====================================================================================


穂苅先生へ


拝啓


先生、○○です。


昨日は有り難うございました。

さっそく、指摘アドバイスいただいた二階の部屋を確認したところ

有りました有りました!


大きい窓ガラスに沿って敷いてあるマットが結露などで湿ってカビが生えてました。

処分しました。


恐るべし神業的なフーチ技術です

先生、ありがとうございました。


場所とカビをピンポイントでいい当てるのは、今回初めての経験では無かったですが、霊などと違い見て確認出来ることなので、本当にあっぱれでした。


『まさか、まさか』と思いながら探しに行きましたが言われて気づくなんて、情けない…とほほ…


この技術を知らないのは、もったいないことですが

でも知らない人が沢山いますし、私みたいな20年近く、ほったらかしてる馬鹿もいます(笑)


その頃、出会えたけれど上手く出来ないのは向いてないと感じてまた。

挫折するのがわかるので焦らず、行きます。

排水管はまだこれからです。

感謝致します。

忙しそうですが、ご自愛ください。


====================================================================================


我ながら、あっぱれ、というと言う感じでした。

さらなる精度を、高めていきたいと思っております。

配管廻りは、どうでしょうか?


こちらは、ちょっと気になりますが、これを気に住まい環境を、さらに整えていただければと思っております。

この様なことがなぜ分かるのか?

と聞かれたら、日常の実践を交えた積み重ねだとしか言えませんが・・・

しかし原理原則を理解し、やり方が分かれば誰でも、この様な技術は使いこなせるようになります。

私の特殊能力では、決してありません。

訓練すれば、誰でも出来るようになります。

この技術を通じて、無限の可能性を感じ取っていただければと思っております。

【SE研究所ホームページ】

【心と波動の世界・総合版】

【心と波動の世界・質問集】

【心と波動の勉強会・ワークショップ】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレベーターのトラブル

海外に在中の方からです。

久しぶりにメールが来ました。

==========================================

ご無沙汰しています。

ちょっとお時間良ければお電話させて頂きたいのですが。

いやはや驚きました。

上海のマンションのエレベーターの一番右側気をつけてくださいね、と言われ、気にしてはいました。

気にしながらも時間の都合上、乗ってはいました。


つい1ヶ月〜2ヶ月位前から動きがおかしいな?と思い、一昨日、動かなくなり軽く修理が入っていました。

1階でエレベーターを待っていて、ドア開いてるんですけど、表示は11階から下がるになっていて、こりゃこわくて乗れないなって。

あと、1階から乗ったら(だったけな?)、ガクン、とちょっと下に落ちて、一緒に乗った外人さんと一緒に降りて別のエレベーターに乗り換えたりですね。

==========================================

上記の内容は、メールでのやりとりでしたが、実際に電話でもお話を聞きました。

記録を見ますと、測定したのが今年の4月4日です。

もう半年以上経ちますが、その時は、なんの兆候もなかったので、むしろ「ハア?」という感じだったそうです。

「このエレベーターがそうなの?」

という気持ちで聞いていたそうです。


それが、二か月くらい前から目に見える形でおかしくなっていったそうです。

ガクン、と衝撃が起きた時は、5cmから10cmくらい下に下がったそうです。


それで、ドアが開けっ放しの状態で、keep out という看板が立てられ、修理に入ったようです。


うっかりすると、大事故になりかねないところでした。

話を聞いて、こちらもびっくりしました。


波動測定で、事前にこのようなことも分かるという事が、わかりました。


実際の測定画像です。

Cci20151130_2

【SE研究所ホームページ】

【心と波動の世界・総合版】

【心と波動の勉強会・ワークショップ】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】

| | コメント (0) | トラックバック (0)